アルツハイマー病の治療薬として、アメリカの製薬会社「バイオジェン」と日本の製薬会社「エーザイ」が開発した新薬「アデュカヌマブ」が、アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局(Food and Drug Administration)で治療薬として承認 

米国の製薬会社「バイオジェン」と日本の製薬会社「エーザイ」が共同で開発した新薬「アデュカヌマブ」はアルツハイマー病の症状の進行を抑えることを目的とした薬です。FDA(アメリカ食品医薬品局)は「臨床試験の結果、『アミロイドβ』の減少が確認され、患者の症状への効果が合理的に予測される」と評価し、治療薬として承認したと発表しました。「アデュカヌマブ」は、アルツハイマー病の原因の一つとされている脳にたまった「アミロイドβ」と呼ばれる異常なたんぱく質を取り除き、神経細胞が壊れるのを防ぐとしています。FDAによるとアルツハイマー病の薬の承認は18年ぶりで「アミロイドβ」に作用する薬は初めてとのことです。
但し今回の承認は、深刻な病気の患者に早期治療を施すための迅速承認といった中で行われたものであり、今後更に追加の臨床試験で検証の必要があるとしており、効果が認められない場合には承認を取り消すこともあるとしています。FDA今回、イレギュラーな承認をした理由として「専門家委員会の意見を慎重に検討し、データを詳細に検証した結果、迅速承認すべきだという結論に達した」としています。

何事も早め、早めの対策が重要です。現在、日本でも米国でも「未病治療」という取組みが積極的に行われており日本未病学会の定義では、
①検査値に異常はないが、自覚症状がある場合
②自覚症状はないが、検査値に異常がある場合
どちらも未病とされていますが、病気になる前に治療を行うことにより健康方向に向け直すこというようです。
いずれにしても、病気がかかってから直すのは遅いので、なる前に健康管理をして、未然に病気になるのを防ぐことが重要なのでしょう。
日本はこれから、高齢化社会に向かっていくので、益々アルツハイマー病の人が増えていくと言われています。安くて、効果のあるアルツハイマー病の治療薬が早くできてくれると良いですね。
コロナによる運動不足や友人・知人とのコミュニケーションが少なくなってきた昨今、アルツハイマー病になる高齢者は益々増えていくと思われます。 そのためにも、事前予防は非常に重要で、大きな社会問題ですね!

https://www.youtube.com/watch?v=_-DLPCr4uV0

関連記事

最近の記事

  1. 2023年最新 「日本の輸入依存率(エネルギー等、衣、食、住)」「品目別海上貿易量及び貿易額」「食料需給率の推移 国産材・外材別の木材需要(供給量) 」「2050年カーボンニュートラル社会実現 に向けた鉱物資源政策」国際協調と資源の安定供給について

  2. 10年で150兆円!「GX経済移行債」企業のCO2排出に負担を求める「カーボンプライシング(CP)」にも大きな影響!「電力不足対策」及び「円安」による自動車、家電・IT機器、再生可能エネルギー(太陽光、風力)への影響や「エネルギー消費の大きい産業部門」中国や米国への高い貿易依存率のバブル期~コロナ渦までの推移について

  3. 日本の貿易に占める中国との取引関係及びコロナ前のインバウンド需要の85%がアジア(中国と台湾で45%)。欧米の景気後退懸念及びDX化・人々の行動変容が進む中、円安メリットによるインバウンド需要はどこまで進められるのか!

  4. 日本製鉄君津「重篤な事案」と謝罪 423回の測定でシアン(-CN)は37回、窒素(N)は168回排出基準超過。CO2削減対策として検討されているアンモニア(NH3)の燃料利用は相当な注意が必要か! 

  5. 都市ガス不足懸念で国内初のガス使用制限も!ロシアの「サハリン1」「サハリン2」日本のエネルギー最重要課題!特に「サハリン2」のLNGは非常に重要かつ重大な問題!

  6. 「日本の輸入依存率(エネルギー等、衣、食、住)」「品目別海上貿易量及び貿易額」「食料需給率の推移 国産材・外材別の木材需要(供給量) 」「レアメタル、レアアースの依存度と偏在性」日本はエネルギー、衣食住関連商品、工業用原材料など輸入依存率が高く、サプライチェーンの確立と国際協力の推進が重要課題

TOP
error: Content is protected !!
テキストのコピーはできません。